単身の引越し最も安いのはどの業者

単身の引越しは業者の選び方が重要

新社会人や学生の一人暮らし。人生で初めての引越しは単身引越しという人も多いでしょう。一人だし荷物も少ないし、と思うなかれ。独立して居を構えるとなると、意外と運び出さなくてはならないものが多いのです。ファミリーに比べてどうしても知人などの手を借りづらいことが多いのも単身での引越しの特徴。そこで強い味方となってくれるのが引越し業者です。初めてでも力がなくても、引越しのプロがいれば大丈夫です。逆に言えば、引越しのプロが単身者の引越しの成功を決めるのではないでしょうか。まずは様々な業者を比較し、ここぞと思う業者に事前に見積もりを取って予算やサービス、そして接客対応をしっかりチェックしてみましょう。複数の業者から見積もりを取って見比べ、それぞれを見比べるのも良いですね。

繁忙期に単身での引越しをお安く済ませるには

1年のうちで一番引越し料金が高いといわれるのが、実は9月です。学校へ通う子どもが余裕を持って環境変化に慣れるのに十分な時間が取れることや、決算を経た人事異動が行われやすい時期であることが、引越しの数が多くなる要因と言われます。ですから7月と8月に引越しを行うことはおすすめです。夏休みもあり時間にも余裕が出来るこの時期に、安く単身の引越しを済ませるポイントを見てみましょう。まずは、複数の引越し業者に見積もりを出してより安いところを見つける事。ここぞという業者に数社絞ったら、それぞれの見積もり内容を各業者に伝えて、さらに勉強できるポイントはないか交渉してみましょう。さらに、単身ならではのテクニックとして混載便をチェックしてみましょう。これは、大型の引越しトラックに空いた隙間に便乗して積載する便で、日時が指定できない場合もありますが、かなりお得に利用できる可能性があります。

単身の引越しは宅配便との併用も有効

家具や家電を新調するなら、意外と使えるのが宅配便。家具・家電はショップから単身の引越し先へ直送すれば送料は限りなく安く済みますから、あとは身の回り品の発送だけ。いっそのこと、普段使っている衣装ケースをクッション材で梱包したりそのまま段ボールに収めてしまえば、箱ごとに宅配便に依頼するのも手軽でスムーズな上、スケジューリングの手間が不要になります。ハンガーかけしている服はハンガーにかかったまま段ボール箱にどんどん詰め込めば、引越し先で梱包後そのままハンガーポールにかけられますね。また、最近では生活用品の量販店やホームセンター、さらにはインターネット通販などの発達で、生活用品もリーズナブルに購入できるものも増えてきました。もしかしたら、家にあるお皿やファブリックを発送する金額より、新調した方がお安くなるものもあるかも。様々な角度からオトクな方法を検討してみてくださいね。