単身の引越し最も安いのはどの業者

単身の引越しで料金を安くするコツ

引越しの料金が決定する要素は①荷物の量②移動の距離③必要とする人員の3つが大きく関わってきます。また時期的なものも関係があり、異動や入学・就職を控えて引越しが集中する3月や年末は比較的業者の方が強気になり、値引き幅も少なくなります。単身の引越しを安くするコツは、何といっても複数業者からの見積もりを取ることです。見積もりを取る中で、全ての業者に他の業者からも見積もりを取ることを伝え、いくらくらいでの提示があったのか、どういったサービスがついているか等を公開することが大事です。7月8月は比較的引越し業界は安く見積もりを提示する傾向があります。これはお客さんの獲得をしたいからに他なりません。同じ時間帯に一斉に業者を見積もりに来させて、競合させるのも料金を安くするコツです。

単身の引越しには一括見積請求のできるサイトを活用しよう!

単身の引越しは比較的荷物の量がわかりやすいため、見積もりの依頼がしやすいと言われています。家族での引越しに比べて家電のサイズも小さいことが多く、現在では○○パックというような、台車に載せてできる引越しであればかなり低額でできるものもあります。また大手だけではなく、地元の業者等では独自の割引やキャンペーン等を行っているケースもあります。これを1つずつ確認するのはかなり至難の業。急な引越しの時などは時間もなく大変です。そんな時に利用したいのが見積りを一括請求できるサイトです。条件を入力するだけで、対応可能な業者が概算の見積りを提示してくれます。しつこい営業電話が来ることも少なく、WEB上で完結するケースもあります。時間も問わず受け付けてくれるものもあるので、一度参考までに利用してみてはいかがでしょうか?

単身の引越しで気を付けたいこととは?

単身の引越しで気をつけなくてはいけないことをいくつかご紹介します。○○パックや○○プラン等は非常に安価で安心な手段ではありますが、既定の幅や高さに合わない物は別料金で高価になってしまう可能性があります。例えばベッド。折り畳み式の物であれば運搬は可能ですが、組み立て式の物は長さがあるため、運搬できないか料金が加算されることがあります。また移動手段に便利なバイク。基本的にエンジン付きの乗り物については運搬ができないことになっています。ストーブ等は燃料タンクが空になっていることが条件。コンテナボックスに収まる大きさの物であれば問題はありませんが、自転車等もかさばってしまうため注意が必要です。確認を怠ると、予算を大幅にオーバーしてしまうことになりかねないので、不安な点があったら必ず確認をすることをおススメします。