単身の引越し最も安いのはどの業者

単身の引越しで後悔しない為に大切なこと

新生活をスタートさせるためには、何かと出費がかさむものです。荷物もさほど多くない単身であれば、費用を少しでも抑えたいものです。しかし、低価格を重視してしまうと、満足のできない引越し となってしまう可能性があります。春などの引越しシーズンは、どの業者も忙しいため、高額になってしまったり忙しいために大切な荷物を扱う上で、モラルがなくサービスの質が悪かったりと、せっかくの新生活の始まりに不満をもってしまうことになりかねません。7月や8月になると引越しする方も少なくなりお値打ちに引越しをすることができます。やはり、引越しを後悔しないためには、低価格よりも信頼できる業者を選ぶことが大切です。電話での対応や、または見積もりに来た時の対応など、こちらの要望にどのくらい応えてくれるのかなど、見極めて業者を選ぶことが引越しを失敗しない秘訣といえるでしょう。

夏の単身引越し のメリット・デメリット

夏の引越し というと、熱中症になったり、また暑さで引越しの能率が悪かったりするのでさけたいと思われますが、実は、夏でも特にお盆の期間は、引越しする人が少ないため、割増料金が発生することもなく、反対に料金を値下げする業者もあったりと、夏の引越しの中でも狙い目です。特に単身引越しの場合、荷物も少ないため、時間も短時間で済み、薄い服装で作業ができるため、効率よく作業が進むことが考えられます。デメリットとしては、やはり暑さです。熱中症にならないように対策が必要です。また、夏は引っ越しのクレームが多い時期でもあります。作業員も大量の汗をかくため、家屋や家具を汗で汚してしまったり、また衣類や布団類に汗を付けてしまうなどの汗によるトラブルも多く、それぞれ汗予防の対策をして行う必要があります。

単身の引越し サービス、単身プランと単身パックの違い

単身引越し をする人のニーズに応えて、それぞれの業者では、単身パックや単身プランなどといったサービスがあります。単身パックの場合は、決められたサイズのコンテナに荷物を入れて運びます。訪問見積もりの必要はなく、コンテナに入るだけ荷物を積むことができ、また他の依頼者のコンテナと一緒に輸送することで、コストもかからず安く荷物を運ぶことができます。しかし、コンテナからはみだしてしまうと割高になってしまうデメリットもあります。また、単身プランは、家具なども一緒に運びたいなど単身パックのコンテナでは荷物が収まらない場合に、荷物の量に合わせて車両の大きさを決めて車両ごと輸送するため、単身パックに比べ料金は高くなりますが、運ぶもののサイズも関係なく多くの荷物を運ぶことができます。引越し荷物の量によってお得なサービスを利用するとよいでしょう。